人生の中で不幸・不運・悪いことが続く時期ってありますよね。

今までいろいろと上手くいっていたのに、突然何もかも上手くいかなくなって、それが連続で続いてしまうと、何が起こったのかを知りたくなったりするのものです。

たぶん、多くの人は悪い流れが終わるのを我慢して過ごして、流れが変わるのを待つのかなと思います。

ただ、不幸・不運・悪いことが続いたままにしないで、その流れをなるべく早く何とかできるならしたいですよね。

もちろん、生きている限りは不幸や不運なことは起こるものですが、それがずっと続くには何かしらの原因があるとしたらどうしますか?

そこで今回は不幸・不運・悪いことが続く時の3つの原因と解消法についてご紹介します。

また、その際のお祓いや連鎖を断ち切る方法など、総合的な情報をお届けします。

スポンサーリンク

不幸・不運・悪いことが続く時の3つの原因とは?

不幸・不運・悪いことが続くというのは、生きていれば誰でも遭遇するものです。

その原因がどんなことで、どうしてこんな不幸が続いているのかなどは、あまり意識してない人が多いのかなと思います。

たぶん、「最近ついてないな・・・」と思うぐらいなのかなと。

ただ、この原因を知っておかないと、その不幸や不運はそのまま続いてしまう可能性があります。

そこで不幸・不運・悪いことが続く時の3つの原因について解説していきます。

1.自分が引き寄せる不幸とカラーバス効果

まず1つ目の原因としては、自分が不幸を引き寄せてしまうことです。

これをカラーバス効果と呼ぶこともありますが、1つのことを意識してしまうと、その意識したことの情報や結果意識しなくても集まってくるというものです。

これは引き寄せの法則などでも言われていることで、不幸・不運・悪いことにフォーカスしてしまうことで、それを引き寄せてしまうわけです。

例えばですが、何か1つの不幸があって意識が散漫になる⇒仕事でミスをして怒られてしまう⇒ストレスが溜まって人にあたって人間関係が壊れる。

このように簡単に負の連鎖が始まってしまうことがあります。

また、この負の連鎖が始まる前兆としては、本来なら関係ないことも不幸の要因として認識してしまうことです。

友達が彼氏と別れた⇒自分も彼氏と喧嘩してしまった⇒なんか不幸が続いているかもと認識⇒さらに不幸を呼び寄せて負の連鎖。

こんな感じで最初の不幸は自分とは関係ないのに、自分で勝手に繋げてしまうこともあります。

2.他者からの負の意識

2つ目の原因としては、他者からの負の意識によるものです。

他者からの負の意識というのは、強ければ強いほど不幸が続く要因となります。

また、それが一人ではなく多くの人の負の意識を浴びてしまうと、より不幸が続きやすい傾向にあります。

嫉妬や憎悪など人を妬む気持ちは誰にでもありますが、その負の念が強いと生霊となって相手にまとわりつきます。

こういった他者からの負の意識というのは、自分でも思い当たる節がないのに、不幸が続くので厄介です。

また、この思い当たる節がないのに不幸が続くと、他者からの負の意識の不幸⇒最近なんか不幸が続くかもと意識⇒両方の不幸が重なってさらに不幸。

なんてことも起こり得るので、かなり厳しい状況になりやすいですね。

3.心霊・怨念によるもの

3つ目の原因としては、心霊・怨念によるものです。

これは信じる信じないというのはありますが、幽霊・悪霊といったものが自分に付いていて、それが悪さをして不幸や不運が続くことがあります。

ただし、こういった幽霊などは自分の気持ちが前向きなときは、そこまで影響を及ぼしません。

何か嫌なことや不幸なことが起こって、気持ちがネガティブになると、さらに不幸が続きやすくなる感じですね。

不幸・不運・悪いことが続く連鎖を断ち切って解消する3つの方法

不幸・不運・悪いことが続く原因を知った後は、その連鎖をどうやって断ち切るのかが気になるところですよね。

そこで、3つの原因別での解消方法をご紹介します。

1.自分が引き寄せる不幸とカラーバス効果の解消方法

自分が引き寄せてしまう不幸に関しては、不幸なこをがあってもそこで区切るを付けることです。

カラーバス効果など1つのことに意識し過ぎると、必要のないことを関連付けて不幸だと思ってしまうこともあります。

不幸や不運などの連鎖を断ち切るためには、気にしないようにすることが最善です。

ただし、その気にしないことが難しいことなので、どうしても気になってしまうという場合は、良かったことに意識をするようにしましょう。

今日はこんな良いことがあったとか、どんな些細なこともでいいので、良いことをリストアップして紙に書いたりすると、意外と不幸じゃないと思えたりします。

2.他者からの負の意識の解消方法

他者からの負の意識の解消方法としては、環境を変えることです。

他者からの負の意識というのは、自分でもある程度感じることはできるので、これが原因かなと思った環境から離れると解決の近道になります。

ただし、仕事関連とか環境を変えるわけにはいかない場合もあるので、その際は何となくでも良いので感じている原因を探って、その人と上手く折り合いをつけるようにするか、可能であれば縁を切りましょう。

3.心霊・怨念によるものの解消方法はお祓いをすること

心霊・怨念によるものの解消方法としては、専門家に任せるのが1番です。

まずは専門家に相談して、自分に何か悪いものが付いてないかを見てもらって、何かあるならお祓いをするのが良いですね。

こういった分野は抵抗がある人も多いかもしれませんが、何か付いている場合は放っておいてもなかなか解決しません。

もし、こういった原因が気になっているならば、専門家に見てもらってお祓いをしてもらうのが効果的ですね。

不幸・不運・悪いことが続くときは専門の占い師に相談するのも効果的

ここまで原因や解消法なども解説しましたが、なかなか自分ですべてを解決することは簡単ではありません。

不幸や不運にどうしても意識してしまい、それを気にしないようにするのも難しいとかもありますし、自分ではどうしても対応できない場合は、専門家に相談したほうが効果が高いこともあります。

占い師さんは誰でも良いというわけではなく、

・不幸が続いて落ち込んでいる⇒口コミなどで人気の占い師
・事故や怪我がよく起きる⇒霊視・お祓いができる占い師

など、自分の状況に合わせてアドバイスできる占い師さんに見てもらったほうがいいです。

ただし、なかなか自分の状況に合わせた専門家の占い師さんを探すのは大変だと思います。

そこで多くの人が信頼して口コミでも評判で、霊視やお祓いができる占い師さんがいる場所をご紹介します。

やぱり、多くの人が口コミで評判の人に見てもらうのが確実ですからね。

しかも、「電話占い」という、わざわざ出向かなくてもネット上で相談できるのでお手軽です。

Feelフィール

まとめ

不幸・不運・悪いことが続く時の3つの原因と解消法や、その際のお祓いや連鎖を断ち切る方法など、総合的な情報をお届けしました。

不幸や不運が続くことには何か物凄い原因があるとかではなく、自分が意識してしまうことで連鎖が始まってしまうことが多いです。

他者からの負の意識や心霊といった外部的要因もあるにしろ、自分の意識を不幸にフォーカスしないことが大事になります。

なかなかそういったことに意識を向けないのは難しいことですが、そのままでは不幸の連鎖がずっと続くこともあるわけです。

ぜひ、この記事を参考にして、幸せな人生を過ごしてもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめの記事