インディゴチルドレンという言葉はあまり聞きなれないものですが、ここにたどり着いたということは、もっと詳細が知りたいとか、自分がそうなのではと思っている人もいるのかなと思います。

インディゴチルドレンとはアメリカの心理学者であるナンシー・アン・タッペが名付けたもので、普通の人たちとは違う才能や力を持って生まれた人たちです。

インディゴチルドレンは1970年代後半から地球に生まれてきた人が多く、地球の次元上昇を導くという役割を持っています。

ただ、地球の次元上昇を導く役割と言われても、いまいちよく分からない人も多いですよね。

そこでインディゴチルドレンどういった存在なのかと、10個の特徴や見た目についてご紹介します。

また、覚醒後の生き方や使命についてなど総合的な情報をお届けします。

スポンサーリンク

インディゴチルドレンとは?覚醒や使命についても!

インディゴチルドレンとは先ほども軽く説明しましたが、地球のアセンション(次元上昇)を導くために、インディゴ(藍色)のオーラを持って、1970後半から地球に生まれてきた人たちです。

この地球のアセンション(次元上昇)を導く魂のグループを「スターシード」と呼び、年代別に3つに分かれています。

第1世代:インディゴチルドレン
第2世代:クリスタルチルドレン
第3世代:レインボーチルドレン

【関連記事】クリスタルチルドレンの10個の特徴と診断方法とは?覚醒や使命から子育ての仕方も!
【関連記事】レインボーチルドレンの7つの特徴や見た目とは?診断方法や育て方と覚醒法も!

そのスターシードの中でも1番早い年代で生まれた魂のグループがインディゴチルドレンです。

インディゴチルドレンは地球のアセンション(次元上昇)のために、時代に合っていない古い体質の政治や社会秩序などを改革する役割を持っていて、社会全体をより良い方向に導く存在でもあります。

簡単に言えば、今あるシステムなどを破壊して、新しい社会を創造する使命があるわけです。

また、繊細な感覚を持っていて、優しく愛情のある性質でもあります。

インディゴチルドレンとして覚醒するためには?

インディゴチルドレンは覚醒するまでは、自分がそうだと自覚しているわけではありません。

どうして自覚していないのかというと、人に転生する際に記憶を失うからです。

そこでインディゴチルドレンとして覚醒して思い出すためにどうしたらいいのかというと、自覚をすることが大事になります。

記憶自体は失ってはいるのですが、どこかでインディゴチルドレンという言葉を聞いて気になったり、知る機会が訪れます。

そこで知って自覚をすることにより、覚醒して自分のやるべき使命を全うしていくわけです。

インディゴチルドレンの10個の特徴と見た目とは?

インディゴチルドレンとはどういった存在なのかをお伝えしましたが、ここからは特徴や見た目について解説していきます。

覚醒するためには自覚が大事であることはお伝えしたので、自分がそうかのかもと気になったら照らし合わせてみてください。

1.1970年代~1980年代に生まれていることが多い

1つ目の特徴としては、1970年代~1980年代に生まれていることが多いです。

これ以降に生まれたスターシードはクリスタルチルドレン、もしくはレインボーチルドレンである可能性が高いです。

そういったこともあり、1970年代~1980年代に生まれたかどうかは、分かりやすい特徴の1つになりますね。

2.藍色の魂=オーラを持っている

2つ目の特徴は藍色の魂=オーラを持っていることです。

インディゴチルドレンの由来となるインディゴ(藍色)はオーラ=チャクラの色でもあり、第6のチャクラが藍色である特徴を持っています。

第6のチャクラはサードアイとも呼ばれていて、直観力、理解力、英知を司るところでもあります。

3.小さい頃から年齢よりも大人っぽく見られる

3つ目の特徴としては、小さい頃から年齢よりも大人っぽく見られることです。

インディゴチルドレンは見た目や容姿といった部分では、普通の人とは大差はありません。

しかし、小さい頃から大人っぽく見られることが多いです。

その要因としては精神性の高さもありますが、目がきれいで輝きがあり、芯の強さあることです。

やはり、どことなく雰囲気が違うことも多く、特に目にそれが表れやすいですね。

4.大人になってからは見た目は年齢不詳で若く見られることもある

4つ目の特徴としては、大人になってからは年齢不詳の見た目で、若く見られることがあります。

子供の頃は大人っぽく見られることが多い傾向にありますが、逆に大人になってからは年齢不詳な見た目になることもあり、これは使命を全うするために必要だと考えられています。

5.物事の真実を見極める洞察力がある

5つ目の特徴としては、物事の真実を見極める洞察力があることです。

インディゴチルドレンは時代に合っていない古い体質の政治や社会秩序などを改革する役割を持っているので、物事が合っているのかどうかを見極める必要があります。

そのために誰かに惑わされることのない目と洞察力が備わっているわけです。

6.感受性が高く繊細で傷つきやすい一面がある

6つ目の特徴としては、感受性が高く繊細で傷つきやすい一面があることです。

インディゴチルドレンは感情性が高すぎることもあり、人の感情から五感まで様々なことに敏感な傾向にあります。

それにより人生が生き難いと感じる部分もあり、繊細で傷つきやすい一面を持っていますね。

7.芸術方面の才能がある

7つ目の特徴としては、芸術方面の才能があることです。

音楽・文才・絵など芸術系の才能があり、創造性溢れる人が多い傾向にあります。

人によっては芸術方面で成功している人も多いです。

8.エンパシー能力などスピリチュアルな力がある

8つ目の特徴としては、エンパシー能力などスピリチュアルな力を持っていることです。

エンパシー能力は共感覚のことで、相手の考えていることなどがなんとなく分かったり、オーラの色が見えたりすることもあります。

9.今あるシステムや価値観に疑問がある

9つ目の特徴としては、今あるシステムや価値観に疑問があることです。

これはインディゴチルドレンの使命や役割の上で、必要なことでもあります。

現代に合っていない古い体質のものは破壊して、新しいものを創造するための能力が備わっているわけです。

10.小さい頃に発達障害だと間違われたことがある

10個目の特徴としては、小さい頃に発達障害だと間違われたことがあることです。

インディゴチルドレンは独特の感性を持っていて、人は違う部分も多いです。

また、団体行動なども苦手なことが多く、好きなことは熱中する部分もあるので、発達障害と間違われることがあります。

インディゴチルドレンの覚醒後の生き方や使命とは?

インディゴチルドレンとして覚醒するためには、自覚するこが大事だとお伝えしました。

そのために特徴なども解説しましたが、覚醒後はどういった生き方や使命を全うすればいいのかも気になるところですよね。

インディゴチルドレンの使命は地球のアセンション(次元上昇)をさせることにあります。

そのために個人個人がやるべきことは、覚醒後に自然とわかっていきます。

ただ、全体的としては時代に合っていない古い体質を壊して、新しい改革をすることにあります。

その使命を果たすために1人1人やるべきことは違いますが、自分の本能に従うことが重要です。

インディゴチルドレンとして覚醒後は自分の感覚を信じて行動すれば、それが使命に繋がっていきます。

その際には今までの辛いことや世の中の生き難さなども理由もわかり、やるべきことができる喜びも得られるでしょう。

まとめ

ここまでインディゴチルドレンの10個の特徴や見た目についてや、覚醒後の生き方や使命についてなど総合的な情報をお届けしました。

ちなみにインディゴチルドレンについて気になって調べているということは、自分がそうである可能性があります。

インディゴチルドレンとして覚醒するためには自覚することが大事であり、覚醒後は自分の信じた道を進むことで使命を果たすこともできます。

そのためにもここでの情報など参考にして頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめの記事