プラーナという言葉は、ブレサリアンという不食の人がテレビ取り上げられたときなどに、聞いたという人は結構いますよね。

ただ、どんなものなのかと聞かれたら、多くの人は意味なども含めて知らない人が多いのかなと思います。

ちなみにブレサリアンは食事をしない代わりに、このプラーナを食べて生きているそうです。

また、プラーナを取り込むことで、健康的に生きることができと言われているので、いったいどんな存在なのか気になるところですよね。

他にも一般的に知られているヨガの呼吸法(プラーナヤーマ)で、プラーナを取り込む方法などもあります。

そこで今回はプラーナとはスピリチュアル的にはどんな意味があるのかや、目に見えるのかについてご紹介します。

また、プラーナの取り込む方法やヨガの呼吸法(プラーナヤーマ)のやり方など、総合的な情報をお届けします。

スポンサーリンク

プラーナとは?スピリチュアル的な意味も!

プラーナの語源はサンスクリット(古代インド語)で、呼吸や息吹を意味しています。

また、スピリチュアル的な意味としては、すべての生物が持つ生命力(エネルギー)そのものです。

このプラーナは一般的には目には見えていませんが、普通に私たちの周りにも存在しているもので、呼吸をすることで取り入れることもできます。

ブレサリアンとか不食の人たちがご飯を食べないでも生きていけるのは、このプラーナを取り込んでいるからと言われていますね。

こういったことから、「食べて取り入れる」なんて表現する人もいます。

実際にこのプラーナは食べ物にも存在しているので、食事と一緒にプラーナも取り入れているわけです。

プラーナの効果とは?

プラーナは生命力そのもであることはお伝えしましたが、それを取り入れることでどんな効果があるのかは気になるところですよね。

プラーナを取り入れる効果としては、心と身体の健康を得られることです。

また、健康を得られるということは、老化の防止にも繋がります。

物凄く簡単に言ってしまえば、毎日元気で健康的な生活を得ることができるということです

こういった効果が得られることは大きなメリットでもあるので、ヨガやヒーリングなどは呼吸からプラーナを取り入れることをしています。

これをプラーナヤーマと呼びますが、それについても後ほど解説します。

プラーナは目に見える?見えない場合の見方も!

プラーナについては解説しましたが、プラーナを多く取り入れている人は、実際に見えているかどうかが重要になります。

プラーナと飛蚊症やブルーフィールド内視現象の違いとは?

よく、プラーナが見えるという人に対して、飛蚊症やブルーフィールド内視現象ではないかと言われることがあります。

飛蚊症は視界に糸くずや蚊のようなものが見えて、それが動いているように感じるものです。

また、ブルーフィールド内視現象は目の毛細血管の中にある白血球が、視野の部分を動き回る現象のことで、小さな光の点が素早く動いているように見えます。

ただし、プラーナは光の粒のようなものがうにょうにょと動くのが特徴です。

飛蚊症やブルーフィールド内視現象の大きな違いは、このうにゅうにょとする動きにあります。

プラーナが見えるようになる練習方法

プラーナは見える人のほうが多く取り込めるので、見たいという人は結構いるのかなと思います。

そこで実際に見えるようになるための練習方法もあるので、いちから解説していきます。

練習方法
1.最初のうちは太陽が出ている時に、太陽の方向に顔を向けて、少し眩しいと感じるぐらいのところで視線を止めます。(太陽は直接見ると危険なので、あくまでも少し眩しいと感じるぐらいです)

2.その後に視線をなるべく一か所にぼんやりと留めておきます。(一か所を凝視するのではなく、ぼんやりと見る感じです)

3.プラーナの動きがなんとなく見えるまで、出来るだけ瞬きは少な目にします。

4.その後に段々と一か所にぼんやりと眺めている周辺に、プラーナがうにょうにょと動いているのが見えてきます。

最初のうちはなかなか見えないかもしれませんが、繰り返し練習していけば次第に見えてきます。

人によって見える方法などは異なるので、ここでの方法がすべてではありません。

プラーナを取り込む方法(ヨガ呼吸法のプラーナヤーマやり方)

プラーナを取り込む方法として、ヨガには「プラーナヤーマ」という呼吸法があります。

プラーナヤーマの呼吸には3段階あり、以下に分けられます。

1.息を吸う=エネルギーを取り入れる
2.息を止める=取り込んだエネルギーの活性化
3.息を吐く=頭の中を空っぽにする

この3つの呼吸の長さを同じにするのが、プラーナヤーマです。

1つの間隔は3秒ぐらいにして、1~3まで行っていきます。

具体的なやり方

ここからは実際にプラーナヤーマをする際の具体的なやり方について解説していきます。

1.リラックスできる環境を作る

まず最初に大事なことはリラックスする環境を作ることです。

場所に関しては自分が1番落ち着くところで、服装などもリラックスできるものがいいですね。

あとは人によっては。リラックスできるような音楽をかけることも効果的です。

2.姿勢を正して準備する

最初のうちは姿勢を正して、プラーナヤーマを行ったほうがやりやすいです。

まず背筋を真っ直ぐにして座ります。

その際に足は組んでも組まなくても大丈夫ですが、姿勢を正すのを意識するのが大事です。

3.3つの呼吸が出来るようになるまでやる

まずは3秒吸って、3秒息を止めて、3秒吐くという呼吸ができるようになるまで練習をします。

この3秒間を意識しながら、苦しくない程度に繰り返していきます。

3秒間同じ等間隔にやるのがコツなので、ここを上手くできるように練習をする感じですね。

4.3つの呼吸の役割を意識して行う

最後に3つの呼吸を行う際に、

1.息を吸う=エネルギーを取り入れる
2.息を止める=取り込んだエネルギーの活性化
3.息を吐く=頭の中を空っぽにする

これを意識しながらやるのが、上手くやるために大事になります。

また、呼吸をしている際に苦しくなるときや気分が乗らないときは、無理に行わないほうがいいです。

リラックスした状態で行わないと上手くいかないので、そこは注意するポイントですね。

まとめ

プラーナとはスピリチュアル的にはどんな意味があるのかや、取り込む方法やヨガの呼吸法(プラーナヤーナ)のやり方など総合的な情報をお届けしました。

プラーナは目には見えないものですが、取り込むことができるようになれば、健康的な生活を送ることも可能です。

ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめの記事