ハイヤーセルフという言葉は、スピリチュアル系な話の中ではしばしば聞いたことがあるという人もいますよね。

ただ、普段の生活とかで使う言葉でもないし、言葉として聞いたことはあるけど、実際はどんな存在なのかと言われたら、よくわからないという人も多いのかなと思います。

単純に英語の意味からすると、「高い自分」ということになりますが、それだと意味が全然伝わらないですよね。

ハイヤーセルフって言葉の感じだとスピリチュアル色が強く感じるかもしれませんが、ちゃんと知れば普段の生活でも活用できるものです。

そこで今回はハイヤーセルフの本当の意味や、繋がるための3つの方法についてご紹介します。

また、ハイヤーセルフからの言葉・メッセージを受け取る方法や瞑想方法についてなど総合的な情報をお届けします。

スポンサーリンク

ハイヤーセルフとは?本当の意味を解説

ハイヤーセルフとは物凄く簡単に言ってしまえば、もう1人の自分です。

ただ、これだけだと意味が分からないと思いますので、スピリチュアル的な意味も含めて解説していきます。

自分の魂の高次元の存在

ハイヤーセルフとはもう1人の自分であり、さらに言えば自分の魂の高次元の存在です。

ちなみに、もう1人の自分というと何か別人格とか守護霊みたいな感じなのかなと思うかもしれませんが、そういったことではなく、あくまでも自分自身です。

また、自分の魂の高次元の存在というと分かり難いですが、簡単に言えば「自分の才能や能力を最大限に引き出せる状態」のことですね。

この状態の自分のことをスピリチュアルでは、ハイヤーセルフという言い方をして、もともと本来の自分の姿でもあります。

人の魂は現世では次元が下がってしまいます

では、なぜ本来の姿であるハイヤーセルフではない自分がいるのかというと、人の魂は現世で肉体を持つと次元が下がってしまうからです。

そもそも人の魂は次元の高い存在ではあるのですが、地球に生まれて日々の生活をしていく中で、いろいろな縛りや影響を受けます。

その際に本来持っていた才能なども失われていき、次元が下がってしまうわけです。

ハイヤーセルフはこの次元が下がっていないときの自分であり、すべての力を発揮できる状態です。

ハイヤーセルフの言葉・メッセージの受け取り方

ハイヤーセルフのことを理解して、自分の中にあるもう1人の自分を信じることができれば、様々な言葉・メッセージを受けことができるようになります。

そのメッセージを意識的に受け取れる人もいれば、無意識に感じ取っている人もいます。

では、この言葉やメッセージはどういったものなのかを、ハイヤーセルフと繋がる方法をお伝えする前に解説していきます。

言葉・メッセージの本質的な意味と受け取り方

ハイヤーセルフから受け取れるメッセージは、どんなものなのか気になるところですよね。

おそらく、ハイヤーセルフからのメッセージというと、何か高尚な言葉をもらえたり、凄いことを教えてもらえるようなイメージがあるかもしれません。

確かにそういう場合もあるかもしれませんが、あくまでも自分自身ということを忘れてはいけません。

例えば、何か選択肢で迷っているときなどに、どちらの選択肢が良いのかを聞けば答えてくれます。

しかし、「いま地球がどうたらで、それを救うためにはなとかで」みたいな、自分の範疇にないことまでは言いません。

自分でもよく分からないようなことをメッセージでくれるのは、ハイヤーセルフではなくもっと別の存在かもしれませんね。

ハイヤーセルフのメッセージはあくまでも高次元の自分であり、神様みたいな存在ではないです。

もちろん、自分がより良い方向に行けるようにメッセージを出しますが、それは自分よりも経験値が豊富で良いアドバイスをくれるような相手という感じです。

ちゃんとハイヤーセルフの存在がいることを理解して信用をしていれば、適切なタイミングで確信を得られるようなメッセージを送ってくれます。

それは一方的に送られるようなものではなく、ある意味では直感と似ている感じですね。

ハイヤーセルフの言葉・メッセージの受け取り方は、そういうものだと理解するといいかなと思います。

ハイヤーセルフと繋がる3つの方法

ここまでハイヤーセルフについて解説してきたので、繋がれるなら繋がりたいと思う人も多いですよね。

何と言っても自分の最高の状態の存在にメッセージをもらえることができ、人生をより良いものにしていけますからね。

そこで実際にハイヤーセルフと繋がるための、3つの方法について解説していきます。

1.今の自分と潜在意識レベルで向き合う

1つ目の繋がる方法としては、今の自分と潜在意識レベルで向き合うことです。

ハイヤーセルフは自分自身でもあるので、本来は誰にでもいます。

ただ、地球に生まれて様々なしがらみにより、高次元の自分とは離れていってしまうのです。

例えば、あなたの本来の姿は愛情が深くて、人を心から信用できるような器の持ち主だったとします。

しかし、その愛情や信用を裏切られることによって、トラウマになったりして、段々と愛情が薄くなって人を信用できなくなったりします。

他にもどんなことにも前向きに行動できる人だったとしても、そこで大きな失敗を経験してしまうと、それがトラウマになって行動できないようになっていくとかですね。

そこでハイヤーセルフと繋がるためには、本来の自分と潜在意識レベルで向き合わないといけません。

この潜在意識レベルで向き合うためには、まず最初にハイヤーセルフのことを理解して、信じることが必要になります。

そもそもここが半信半疑では繋がることなんてできませんからね。

その上でハイヤーセルフと繋がるには、以下のような工程を繰り返します。

1.今の自分を見つめ直して、心のうちに向かう感覚で集中する
2.集中することで時間も忘れて没頭することができる
3.そこで直感みたいなメッセージがくるので信じる
4.自分自身と会話しているよな感覚になる

ただ、人によっては違う方法のほうが繋がりやすいということもあります。

2.直感やひらめきを忘れずにメモする

2つ目の繋がる方法としては、直感やひらめきを忘れずにメモすることです。

直感やひらめきというものは、ハイヤーセルフからのメッセージの可能性があります。

特に気にしていないと直感やひらめきがあったとしても、そのまま放置して忘れてしまうことが多いです。

しかし、それを毎回忘れずにメモすることで、ハイヤーセルフのメッセージを段々と感じることができるようになります。

そういった直感やひらめきを忘れずにメモして、さらにその直感やひらめきに従って行動していくといいですね。

3.ハイヤーセルフと繋がる誘導瞑想の7つのコツ

3つ目の繋がる方法としては、誘導瞑想をすることです。

ここまでの方法でなかなかハイヤーセルフと繋がることができない人は、潜在意識の自分に会話するために、誘導瞑想と呼ばれることをするのも1つの手です。

誘導瞑想の方法としては以下のやり方があります。

1.場所や服装などリラックスができる環境を整える
2.リラックスができて落ち着けるような音楽をかける
3.ハイヤーセルフと繋がることを自分に問いかける
4.ゆっくりと何回か深呼吸を繰り返します
5.自分なりのハイヤーセルフの姿をイメージします(エネルギー体や人型など人によって違います)
6.もう1人の自分に対して感謝の気持ちを送る
7.あとはリラックスした状態を保ちながら対話を繰り返す

また、他にも誘導瞑想を実践している動画なども以下にあるので、気になる人は参考に見てみてもいいですね。

まとめ

ここまでハイヤーセルフの本当の意味や繋がるための方法から、言葉・メッセージを受け取る方法や瞑想方法についてなど総合的な情報をお届けしました。

ハイヤーセルフはスピリチュアル的なことを抜きにしても、繋がってメッセージを受け取っていけば、人生をより良いものにしていけます。

「もう1人の自分なんていない」と思う人もいるかもしれませんが、こういったことは信じることから始まります。

ぜひ、ハイヤーセルフのことを理解して、今後の人生をより良いものにしていってください。

スポンサーリンク

おすすめの記事