カルマという言葉を聞いたことがある人いるかもしれませんが、その本当の意味については知らない人も多いのかなと思います。

カルマはとは業とか行動に対する結果として積み重なる宿命といった意味合いがります。

このことからカルマの法則とも呼ばれていて、スピリチュアルでは悪いことをするといずれ自分に返ってくるという感じで知られています。

ただし、カルマの法則の本当の意味は悪いことばかりではなく、良い意味合いもあるんです。

例えば、恋愛・浮気・中絶・いじめ・病気・悪口・嘘に関係しているとも言われますが、実際はちゃんと理解していれば良い方向にも導くこともできます。

そこでカルマの法則を知るために本当の意味と人生好転させるための7つの解消法について分かりやすく解説します。

また、恋愛・浮気・悪口・いじめ・中絶・嘘・病気の関係性など総合的な情報をお届けします。

スポンサーリンク

カルマの法則の本当の意味をわかりやすく解説!

カルマの法則は何か悪いことをすれば、それが次第に積み重なって、いずれ自分に返ってくるものです。

しかし、これだけではカルマの法則を本当に理解したとは言えません。

カルマの法則の本当の意味とは、悪いことをすれば積み重なって返ってくるというだけではなく、良いことも続けていれば返ってくるというものです。

仏教では因果応報とも呼ばれていて、日本人ならこちらのほうが馴染みが深いかなと思います。

要は良いことや悪いことに関わらず、何かしら行動した結果が自分に返ってくるということです。

また、カルマの法則では行動だけではなく、良いことや悪いことを思うだけでもその力は働くので注意が必要です。

良いことが起きる転換期として悪いことが起きることもある

ここまでは知っているという人もいるかもしれませんが、実はカルマの法則は浄化作用として働くこともあります。

生きていれば人は誰しも悪いものは積み重なっていきます。

それが一定に達した時点でそれ以上積み重ならないように、1度解消するために悪いことが起きるということです。

一気に悪いことが起きて解消した後に、次は良いことが起こる転換期にもなります。

一概に悪いことをした結果が自分に返ってきたというだけではなく、良いことが起こる前触れの可能性もあるわけです。

まとめると、カルマの法則は良し悪しに関わらず行動や思いに対して結果が返ってくるというものです。

カルマの法則の中でも悪い影響がある7つの原因とは?

まずカルマの法則で人生好転させるための7つの方法を解説する前に、知っておくべきことがあります。

カルマの法則は悪いことをしたら自分に返ってきますが、その中でも特に影響が強い原因があります。

それらを意識的にしないようにするだけでも人生は大きく好転していくので、先にそれぞれ解説していきます。

1.浮気をしたことがある

1つ目の悪影響のある原因は、浮気をしたことがあるかどうかです。

浮気というのは付き合っている相手に対して、大なり小なり傷つける行為になります。

もちろん相手が先に浮気をしたからとか、人それぞれ浮気をするには理由はあると思います。

ただ、浮気をするということはどんな理由にしろ、相手を裏切る行為です。

カルマの法則により相手に同じよう浮気をされたり、不幸な恋愛が続くこともあります。

また、相手にバレなければいいと思う人もいるかもしれませんが、それでもカルマの法則は働くのでバレなければいいという考えはしないほうがいいですね。

2.自分本位なことが原因で離婚したことがある

2つ目の悪影響のある原因は、自分本位なことが原因で離婚したことがあるかどうかです。

人それぞれ離婚にも様々な理由があり、やむを得ずのこともあると思います。

ただ、浮気をしたせいで離婚することになったとか、理由が自分本位なものであれば、その後もカルマの法則により不幸な恋愛が続くこともあります。

また離婚にはカルマの解消により、良い方向に向かうための場合もあるので、あくまでも自分本位な理由でしたときです。

3.人の悪口をよく言う

3つ目の悪影響のある原因は、人の悪口をよく言うことです。

人の悪口をよく言う人というのは、ついついしがちなことではありますが、実は想像している以上に悪影響があります。

まずカルマの法則により自分の悪口を言われたりとか、人間関係も良い縁がなくなります。

また本人がいないところで陰口を言うことも同じで、気が付けば周りに誰もいなくなったりなど、特に人間関係に悪い影響を及ぼします。

4.人を裏切ったことがある

4つ目の悪影響のある原因は、人を裏切ったことがあるかどうかです。

人を裏切るという行為は、どんなものにしろ様々な形で悪影響を及ぼします。

ちょっとした裏切り行為だったとしても、カルマの法則により積もれば大きなものとなって返ってくるわけです。

どんな些細なことだったとしても、人の信用を裏切らないようにしましょう。

5.悪意のある嘘をついたことがある

5つ目の悪影響のある原因は、悪意のある嘘をついたことがあるかどうかです。

人のためを思ってつく嘘は良いですが、悪意や人を陥れるような嘘をついていると、不幸を呼び寄せて悪影響を及ぼします。

また嘘ばかりをついていると、人間関係も崩壊してしまうこともあり、近づいてくる人は騙そうとしている人ばかりなんてことあります。

カルマの法則は良いことも悪いことも返ってくるものなので、悪意のある嘘はしないほうが賢明です。

6.いじめをしたことがある

6つ目の悪影響のある原因は、いじめをしたことがあるかどうかです。

いじめは人を深く傷つける行為であり、エスカレートすれば命にも関わることになります。

それだけ傷つけたということは、当然ながらカルマの法則により相応の大きな不幸が返ってくるわけです。

また、いじめをした直接の加害者だけではなく、それを周りで見ていても影響は受けます。

7.自分本位な理由で中絶をしたことがある

7つ目の悪影響のある原因は、自分本位な理由で中絶をしたことがあるかどうかです。

自分本位な理由で人工中絶をすると命を奪っていることになるので、カルマの法則により大きな不幸を呼び寄せてしまいます。

ただ、中絶に関しては身体のことだったり、様々な理由があるので仕方がない場合もあるので、その際はきちんと心を込めて供養をすればカルマの法則は働かないとされています。

自分本位な理由で人工的な中絶はしないと共に、もしすでに中絶をしてしまっているならば、きちんと供養してあげましょう。

カルマの法則を活用して人生好転させて恋愛が上手くいく6つの方法!

ここまで大きな不幸を呼ぶ主な原因を解説しましたが、これらを避けるだけでも人生好転させることができます。

そこからさらに人生好転させるための6つの方法についても解説していきます。

1.何事にも感謝の気持ちを持つ

1つ目の人生を好転させるための方法は、何事にも感謝の気持ちを持つことです。

どんなことでも不満を持つこともできれば、感謝の気持ちを持つこともできます。

例えば、日々の食事にも感謝もできますし、何かをしてもらったら必ず「ありがとう!」と言うだけでも変わります。

人生が幸せで充実している人ほど、些細なことにも感謝の気持ちを持って過ごしているものです。

カルマの法則から考えても、感謝の気持ちを持つことで気持ちも前向きでいられるし、それは周りにも広がって良いことが返ってくるようになります。

2.愛を持って寛容な心を持つ

2つ目の人生を好転させるための方法は、愛を持って寛容な心を持つことです。

生きている上で人間関係というのは、切っても切れないものです。

その人間関係で悩んでいる人は大勢いて、イライラしたり不満も募ることも多いです。

そういったことでも愛を持って寛容する心を持つことで、負の感情を持たずにいられます。

負の感情はカルマの法則では悪いこととして返ってくるので、愛を持って寛容する心を持てば人生は好転していきます。

3.お金に捉われすぎないようにする

3つ目の人生を好転させるための方法は、お金に捉われすぎないようにすることです。

お金ばかりを追っていると、逆にお金が入ってこなくなったり、お金以外は何も得られないようなこともあります。

世の中にはお金だけ持っていても不幸な人はいるので、お金ばかりに捉われないようにすることで、人生が好転していきます。

4.言葉遣いを気を付ける

4つ目の人生を好転させるための方法は、言葉遣いを気を付けることです。

言葉というのは自分が思っている以上に、大きな影響を相手にも自分にも与えます。

言霊という呼び名があるように、自分が発した言葉は力が宿ります。

良いほうにも悪いほうにも影響するので、言葉遣い注意して良い方向に持っていけば、人生好転に繋がります。

5.どんな些細なことでも良い行いをする

5つ目の人生を好転させるための方法は、どんな些細なことでも良い行いをすることです。

1日1善という言葉もあるように、どんな些細なことでも良い行いをすることで、それが段々と積み重なっていきます。

カルマの法則でも良い行いは返ってくるので、人生好転に繋がります。

6.悲観的よりも前向きに行動するようにする

6つ目の人生を好転させるための方法は、悲観的よりも前向きに行動することです。

悲観的な行動というのは、あまり良い結果を生みません。

行動する前は悲観的に考えることも必要ですが、行動するときは楽観的に行動するほうがいいです。

悲観的に考えて楽観的に行動することが、良い結果を生み出すことに繋がります。

カルマを解消する方法や病気との関係性は?

カルマの法則により悪いことが積み重なると、不幸なことが起こります。

その中には病気になったりとか、人間関係やお金の問題など様々なことで影響を受けます

そんな悪影響のあるカルマを解消方法ですが、これは不幸なことが起こることで解消されます。

要は積み重なってしまったものは、自分に返ってくるまでは解消されないわけです。

そういったこともあり、常日頃からの行動や思いに注意していかないといけません。

まとめ

ここまでカルマの法則の本当の意味と人生好転させるための13個の方法や、恋愛・浮気・悪口・いじめ・中絶・嘘・病気の関係性などをご紹介しました。

カルマの法則は悪いことだけに働くわけではないので、ぜひ人生を好転させるために活用してください。

そのための情報を総合的にお届けしているので、ぜひ参考にして頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめの記事