スピリチュアルに興味がある人なら、エンパスって言葉は聞いたことがある人も結構いますよね。

ただ、最近になってエンパスというのは一般的にも少しずつ知られるようになって、気になる人も増えたのかなと思います。

エンパスとは一般的な人よりも、共感能力が高い人のことです。

共感能力が高いというと、空気が読めるからいいかなと思うかもしれませんが、実は共感能力が高すぎると様々な悩みも出てきます。

特に日本人はエンパス体質が多いと言われていて、いろいろと気になる人も多いですよね。

そこで今回はエンパスとは何かの意味や、17個の特徴についてご紹介します。

また、エンパス体質で悩んで生きづらい人に向けた浄化・対処方法から、エンパスかどうかの診断のやり方など総合的な情報をお届けします。

スポンサーリンク

エンパスとは何か?サイキック能力やHSPについても!

エンパスという言葉が日本で知られるようになったのは、ローズ・ローズトゥリーという女性が日本で講義をした際に、多くの日本人がその才能を見せたからだと言われています。

エンパスの意味としては、人よりも共感能力が高くて、いろんなことに感受性が強い人です。

エンパスである人は様々なエネルギーに敏感で影響を受けやすい体質で、普通に生活していても影響を受けてしまうことがあります。

例えば、満員電車とか人が大勢いる場所で、多くの人が嫌な気分を持っている場所にいると、その大勢の感情に影響されて、人以上に嫌な気分が増して気分が悪くなってしまうとかですね。

エンパスはサイキック能力なのか?

また、エンパスをサイキック能力だと言う人もちらほらいるみたいですが、どちらかというと感受性が強いという範囲のものと考えています。

サイキック能力っていうのは、相手の心が読めるとかそういう類のものだと思うので、さすがいそこまでではないですよね。

ただ、相手の気持ちとか感情の流れみたいなものは、なんとなく人よりも感じ取りやすいので、その辺がサイキック能力と言われる要因なのかもしれません。

エンパスとHSPの関係性とは?

エンパスと同じように感受性などが強い人は、HSP(Highly Sensitive Person)と呼ばれています。

ほとんど同じような特徴なのに呼び方が違うわけではすが、違いは心理学的にアプローチしたものが「HSP」で、スピリチュアル的に考えたものが「エンパス」というだけです。

そこに特徴などの違いはなく、心理学から検証したものか、スピリチュアル的に見たものかで名称が変わっている感じですね。

エンパス診断!エンパス体質な人の17個の特徴とは?

自分は本当にエンパスなのか気になる人も多いと思います。

そこでエンパスな人に多い特徴を以下でご紹介します。

エンパス体質な人の17個の特徴
1.人の感情を受け取りやすい
2.人よりも直感力があると感じる
3.人よりも疲れやすい体質である
4.人が大勢いる場所が苦手
5.人の嘘には敏感である
6.一人でいるほうが楽だと感じる
7.他人に依存したり、依存されやすい傾向にある
8.興味や関心が移り変わりやすい
9.相手の本音や嘘が何となくわかる
10.負の感情のあるものに触れると体調を壊しやすい
11.自分で話すよりも聞くほうが得意
12.五感が人よりも敏感である
13.相手よりも自分が悪いと思いがち
14.自然や動物が好き
15.季節や天候で体調の変化が起きやすい
16.時間に縛られることが苦手である
17.ネガティブなことに引っ張られる

エンパス体質の4つの種類とは?

エンパスには大きく分けると4つの種類があるので、それぞれ解説していきます。

1.身体共感型タイプ

身体共感型タイプは、相手の身体に起きたことなのに、自分の身体に起きたことのように感じることです。

例えば身体的な共感としては、映画とかで怪我をしたシーンなどがあると、それを自分が怪我をしたような痛みを感じてしまうことがあります。

相手の物理的な痛みを共感してしまうのは、なかなか辛い状況ですよね。

2.身体直感型のタイプ

身体直感型タイプは身体共感型と似ているのですが、相手の身体に起きたことがわかります。

例えばですが、相手の身体のどこか悪い部分があれば、「腰が悪いのかな?」とか、パッと見ただけでも分かる感じですね。

3.感情共感型タイプ

感情共感型は、相手の感情など精神的な部分に共感してしまうタイプです。

例えばですが、相手が気分が悪いのを見ていると、自分も気分が悪くなりやすいなどですね。

他にも悲しいとか怒っているといった感情も受け取ってしまうので、情緒が不安定になることもあるので辛いこともありますね。

4.感情直感型タイプ

感情直感型は、相手の思っていることなどがわかるタイプですね。

人は思っていることと、話していることが違うことが多々ありますが、それも直感的に分かってしまいます。

特に嘘にはかなり敏感なタイプなので、あまりに嘘が多くて人間嫌いになることもあります。

5.その他のタイプ

上記の4つは主に身体的・精神的な部分での共感や直感なので分かりやすいものです。

しかし、他にも相手の知識を共有することができたり、守護霊などスピリチュアル的な部分で繋がれるタイプなどいます。

他にもさらに細かい部分でタイプ分けはできそうだし、複合している人もいるので、一概にこれと分けるのは難しいかもしれません。

エンパスのメリットとデメリット

ここまではどちらかというと、エンパスのデメリットの部分が目立ったかもしれませんが、職業や使い方次第ではメリットも多くあります。

そこでエンパスのメリットとデメリットも解説していきます。

エンパスのメリットとは?

メリット
1.相手の感情や気持ちがわかる
2.相手の嘘を見抜くことができる
3.相手の気持ちを読み取り癒すことができる
4.直感力があるので危険を察知できる
5.人に合わせたアドバイスができる
6.一部の仕事や恋愛にも活かすことができる

エンパスは自分の興味のある相手にメリットなど活かすことができれば、良い方向に進むことができますね。

逆に多くの人の感情などをすべて受け取ってしまう状況だと、かなり辛い状況なのかなと思います。

エンパスのデメリットとは?

デメリット
1.自分の感情を抑えることが難しいときがある
2.相手の感情を受け取りやすくコントロールするのが難しい
3.人の嘘を見抜けると人を信じられなくなる
4.人よりも様々なことに影響されるので疲れやすい
5.周りから理解されないことが多い

メリットとデメリットというのは、基本的には表裏一体です。

デメリットばかりにフォーカスしてしまうと生きづらい部分もあるので、上手くメリットなどを見て活かすように考えるのが大事かなと思います。

ただ、どちらにしてもエンパスを自分の意志でコントロールできるようにしないと、いろいろと悩むことが多いと思うので、そのための方法も以下で解説していきます。

エンパス体質の浄化・対処方法

エンパスは普通の人よりもいろんなことに影響を受けやすいので、生きづらい悩んでいる人が多いです。

ただ、メリットも当然ながらあるので、良い部分を活かしていきたいですよね。

そこでエンパス体質を浄化して改善する方法について解説していきます。

1.エンパス体質の浄化方法

エンパス体質の人は浄化することで、悪い影響をある程度防ぐことができます。

これは体質を浄化することで良い波動が高めることにより、悪いエネルギーを跳ね返すことができるからですね。

体質の浄化方法としては以下です。

浄化方法
・自然の溢れるところで日光浴
・自然の溢れるところで月光浴
・セージなどのお香を炊く
・パワーストーンを身に付ける
・ヒーリング効果のある音楽を聴く

他にもいろいろとありますが、心と身体を癒すことで体質の浄化は可能です。

2.エンパス体質の対処法

ここからは対処法について解説していきます。

知りたいことだけを受け取る

その1つとして効果があるのは知りたいことだけを受け取るようにすることです。

これはエンパスをコントロールすることにも繋がりますが、自分が受け取りたくないものを、とにかく拒否するように意識していきます。

例えば、満員電車などに乗ってるだけでも極度に疲れてしまうなら、自分の感覚をスイッチをパチンと切ります。

これは自分なりに意識的に行って練習する必要がありますが、繰り返していくと段々とできるようになっていきます。

自分のオーラを最小限にするイメージを持つ

なかなかエンパスをコントロールできない場合は、自分のオーラを最小限にするのも効果的です。

エンパスの人は普通の人よりも感情なども含めて、受け取ってしまう範囲も広い傾向にあります。

そこで自分が必要ないと思う場合は、オーラを自分の周りだけに留めるようにイメージします。

具体的なやり方は、自分の周りいオーラみたいな膜をイメージして、それを自分だけ囲うようにしていきます。

なかなかイメージできない場合は、自分の感情を外ではなく内に向かうように集中させましょう。

これをするだけでも、エンパスの多くの悩みに対処できるようになります。

まとめ

エンパスとは何かの意味と17個の特徴や診断方法から、エンパス体質の浄化・対処方法など総合的な情報もお届けしました。

エンパスは人に理解されない悩みを抱えやすいので、人にも相談できずに苦しんでいる人も多いです。

また、なんだか生きづらいと思い続けたりすることもありますが、体質の浄化や対処方法を知っておけば、悩みの解決のキッカケにはなります。

ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめの記事